ノルウェーの工場、パレットラベリングにTTP-384Mを選択

Pallet label printing_TTP-384M

市場: 
林業

用途: 
パレットラベル印刷

モデル: 
TTP-384M

ダウンロード

背景: 
スウェーデン経済協会Södraが所有するノルウェーのブラムンダールにある工場では、木材パレットやその他の木材製品にラベルを付けることができる耐久性の高い高性能プリンタを必要としていました。

解決策: 
慎重なレビューの後、Södraは、TSCのTTP-384M工業用サーマルプリンタを購入することにしました。 Södraは、TTP-384Mを材料追跡システムに接続しました。これは、各パレットに装填された材料のタイプをプリンタに知らせる情報を送信し、TTP-384Mは、パレットラベルに情報を印刷します。 Södraが直面した最大の課題は、旧式の先進的ではないプリンタと通信するために設計された既存の材料追跡システムの再構成でした。

「当初、パレットのラベル付け用にA5ラベルを作成するために、6インチ幅フォーマットのプリンタを探していました。 TSCは、当時8インチ幅フォーマットのプリンタしか提供していなかったので、当社は、方針を変更し、TSC TTP-384Mを購入することにしたのです。 後により広いA4ラベルを印刷する必要があることがわかり、結果的に最良の決定となりました。 TTP-384Mは非常に優れており、2010年6月に設置して以来、何の問題はありませんでした」と、ブラムンダールのSödraの保守担当取締役のDaniel Ribbingは述べています。

利点: 
• 難なく設置できる安定性 
• 処理の最適化 
• 不十分または判読不能なラベル情報によるエラーの防止 
• 商品とその行き先チェックの時間短縮

TTP-384Mの特長: 
手頃な価格で使いやすいTTP-384Mワイドフォーマット熱転写プリンタは、コンプライアンスラベル、ブランドマーケティング、在庫管理、ドラムラベル、警告標識などのサイネージソリューションに理想的です。

TTP-384Mは、最大9.5インチのラベル幅に対応し、最大印刷幅は300 dpiの解像度で最大8.64インチです。 また、画像の回転を必要とせずにワイド横のバーコードを印刷するように設計されています。 

TTP-384Mは、ダイキャストアルミシャーシを採用しており、大型液晶ディスプレイ、8 MBフラッシュメモリ、32 MB SDRAM、最大4 GBのメモリストレージを追加するためのSDカードスロット、 内部イーサネット10/100プリントサーバー、USB 2.0、セントロニクス、RS-232C、PS/2キーボードの接続性を備えています。 

TTP-384Mプリントアセンブリは、長さ600mまでのリボンを扱い、フルサイズの8.2インチODメディアロールに対応し、メディアの装填と調整を容易にするセンターバイアスラベルハンドリング機構を備えています。 大型LCDコントロールパネルにより、プリンタの設定を簡単に管理できます。組み込みのイーサネットプリントサーバーは、オペレータがリモートでプリンタを制御および監視できるようにします。

Södraについて: 
南スウェーデンの51,000人以上の森林所有者が、経済協会Södraの会員です。 同地域の個人経営の森林の半分以上を所有するだけでなく、スウェーデンおよび国際市場の両方で自社製品を販売しています。 これにより、会員は木材原料の大規模で拡大している顧客基盤にアクセスし、収益性の高い林業の基盤を作り出すことができます。 Södraは、林業管理と環境保全から会計、販売、製品開発を手がける、4,000人を雇用する大規模な雇用主です。 同グループの4つの事業分野では、木材製品、インテリア製品、紙パルプ、バイオ燃料が生産されています。 近年、Södraは、電気の大規模な生産者になっており、使用するよりも多くの電力を生産しています。